建設業許可の必要性

奈良 建設業許可

この投稿をご覧頂いてる方は、建設業許可の必要性を感じている方だと思います。

元請業者から建設業許可を取得しないと今後発注できなくなると言われた等のご相談を多く頂いている現状からして、コンプライアンスを重要視されている昨今では益々必要になってきていると感じます。

私が開業してから数年が経ちました。

開業当初の頃から、先ほど述べたように、「元請業者から許可を取らないと今後下請け発注できないと言われた」とのご相談から、建設業許可の取得をお手伝いさせて頂き、現在まで各手続き等でお手伝いさせて頂いています。

当初は、「元請業者から言われたので建設業許可を取らないといけない」と仰られていたお客様も、結果的には、建設業許可を取得したことで工事を受注しやすくなり、小額の工事から多額の工事まで受注が増え、許可を取得したときは個人事業であったのが法人化されるお客様も増えています。

もちろん、お客様の日々の営業努力が一番の要因なのですが、その一端として建設業の許可を持っているというのは大きいと仰られるお客様も多いです。

私がお手伝いさせて頂いた業者様の全てが、売り上げアップできているわけではありません。

しかしながら、建設業者様の皆様が感じておられると思うのですが、許可を持っているかいないかでは大きな差があるように感じます。

売り上げアップされている方は、建設業許可取得して本当に良かったと仰られています。その事について感謝していただけるのは本当に嬉しく思います。

「現状では多額の工事はないから」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、売り上げアップの一つの要因として考えて頂ければと思います。

もしご興味がございましたら、一度ご相談ください。

現状では許可の要件を満たさない場合であっても、取得に向けてのアドバイスなどできますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です