改正建設業法、入契法の施工時期

改正建設業法、改正公共工事入札契約適正化法(入契法)は3段階に分けて施行されます。
 

2019年9月1日施行

  • 建設工事従事者の知識・技術・技能の向上
  • 復旧工事の円滑・迅速な実施を図るための建設業団体の責務
  • 工期に関する基準の作成
  • 適正化指針の記載の追加
の4規定が施行されます。
 

2020年10月1日施行

  • 建設業許可基準の見直し
  • 許可を受けた地位の継承
  • 著しく短い工期の禁止
  • 下請け代金の支払い方法
  • 監理技術者の専任義務の緩和
  • 主任技術者の配置義務の合理化
  • 建設資材製造者に対する勧告や命令
  • 受注者の違反行為に関する事実の通知
以上の8規定が施行されます。
 

2021年4月1日

  • 技術検定制度の見直し
1規定が施行され、2021年度の技術検定試験から、元請けの監理技術者を補佐する「技士補」が創設されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

建設業法・入契法の改正

次の記事

建設業許可の必要性